• ホーム
  • 値上がりするタバコをやめるにはニコレットがいい

値上がりするタバコをやめるにはニコレットがいい

2019年07月12日
灰皿にあるタバコフィルター

タバコは嗜好品であり、タバコ専門の税金であるタバコ税が課せられています。
タバコ税の税率は約65%となっており、高い税率が掛けられており、税金を吸っているとも形容されます。
この税率は増税論議のたびに対象になり、上がることはあっても下がることがない状態にあり、今後も増税の可能性が高いものです。
理由としてはタバコは酒とは異なり身体に害しか与えず、将来的に肺がんになるリスクが高まるということがあり、またタバコの煙による周囲への受動喫煙が問題となっていることがあります。
このため増税によって値上がりするさいには禁煙を試みる人が多くいます。
特に近年は会社内で禁煙としているところもあり、喫煙する場合には喫煙ルームで行う必要があるなど風当たりの厳しいものとなっています。

禁煙を行う場合には己の意思で達成することも可能ですが、ヘビースモーカーであった人が急にやめると中毒症状が出る可能性があります。
このため禁煙外来などで禁煙を目指す人も多くいます。
禁煙外来ではカウンセリングのほかニコレットなどの禁煙ガムを利用する人もいます。
タバコの中毒症状はニコチンによるところが大きく、ニコレットは徐々にニコチンを減らすことでゆっくりとニコチン中毒を解消させるというものです。
ニコレットは禁煙外来で処方されますが、薬局や薬店、ドラッグストアでも購入することができます。
ニコレットは用法用量を守ることでニコチン中毒を解消することが可能で禁煙達成を手助けしてくれます。

一方でニコレットはガムであり、社内で使用してもわからないメリットがあります。
またタバコのように煙が出るわけがないので、社内で使用しても周りに迷惑を掛けることがありません。