• ホーム
  • 禁煙中のギャンブルでのイライラはニコレットで抑える

禁煙中のギャンブルでのイライラはニコレットで抑える

2019年10月20日

ニコレットはCMなどでも馴染みの商品で、禁煙を目的としてそれをサポートするための商品です。
口に含んで噛むガムタイプとなっており、タバコを吸いたいと思った時に代わりに噛むことで、代用することが可能となります。

タバコを吸いたいという気持ちは、タバコに含まれるニコチンに原因があり、イライラや集中できない時はそのニコチンが切れた状態です。
ニコチンには中毒性があり体内のニコチン量が少なくなるとそれを補いたく思い、タバコを吸うこととなります。

ニコレットの特徴は、ニコチンをそのガムを噛むことで体内に取り入れ、タバコを吸えない事による集中できない状態やイライラを抑えることが可能です。
実際に治験でもニコレットを用いて、今までの愛煙家が禁煙に成功した実例も報告されています。

ガムで噛むとニコチンが放出されるので、そのままの状態で口に含み口腔粘膜から吸収させます。
そして徐々にニコレットの量を制限して、最終的には禁煙に成功させるという流れになり、治験でもそういう流れで禁煙に成功しています。

ちなみに日本では医療用禁煙補助剤として扱われ、禁煙をする人向けに紹介されることも多くなっています。
なお治験で効果があると判明していることもあり、幅広い世代にも支持されていますが、街中でもパチスロ屋でニコレットを噛んでいる方も見られます。

パチスロはタバコを吸いながら遊戯されている方も多く、しかも遊戯の性質上、イライラや集中力を必要とすることが多いです。
例えば、大当たりがかからないとイライラしてしまい、無意識のうちにタバコに手がいってしまい、気づけば火を点けて吸っていることも珍しくありません。

立て続けに吸ってしまうこともあるぐらいですので、特にパチスロを遊戯される方には優れた商品です。
最大のメリットは、タバコの煙を出さない点とタバコを吸う時間をコントロールすることで禁煙にも繋げることが出来る点です。