記事一覧
全席禁煙での吸いたい衝動、ニコレットのやり方

禁煙とはまさに、自分との闘いであるといえるでしょう。 内なる自分との欲望の戦い、それがタバコをやめるということです。 ニコレットはそれを達成するための実に強力な武器であるといえます。 従来の禁煙というと、自分で我慢しながら行うというのが常套手段でした。 しかし、そのたびに禁煙に失敗しタバコをやめることができず、全席禁煙のレストランなどでつらい思いをした人も多いと思います。 タバコの依存性は非常に強く、それから逃れるためには多大な努力が必要です。 なので、精神面でのサポーターが必要です。 ニコレットの治療では医者と二人三脚で禁煙を行うので、精神的な負担がかなり軽減されています。 こうしたニコレットのやり方ののみで得られる禁煙のための精神的なサポートは、従来の禁煙方法や治療にはなかった大きなメリットであるといえます。 ニコレットの大きな魅力は、精神的な気楽さの他にもやり方自体にもあります。 ニコレットは、いわばタバコの代用品です。 吸いたくなったらすぐにニコレットガムを取り出してかむだけ。 ガムには一定量のニコチンが含まれているので、それだけでタバコの代用になりあのイライラを簡単に取り払ってくれます。 全席禁煙のレストランなどでも、吸いたい衝動に悩まされることもありません。 ニコレットは自分の都合に合わせていつでもどこでも、好きな時に利用することができるので非常に便利で長続きしやすいというメリットがあります。 このやり方は自分のペースに合わせて禁煙の度合いを調節することができるので非常に経済的で、禁煙車自体への負担も非常に少ないというメリットもあります。 近年では社会的にも全席で禁煙ではなく分煙という考えが広がっており、喫煙者を精神的にサポートする働きが注目されています。

2019年09月25日
煙草に記載の健康への害の警告とニコレットの効果

煙草のパッケージには健康被害を受けることが記載されています。 この記載内容は煙草の銘柄により若干の違いが在ると言いますが、脳梗塞や肺がんと言った言葉が記載されているのが特徴です。 しかし、喫煙をする人はこのような記載が在っても煙草を止める事が出来ない人もいます。 煙草を止めることが出来ない理由と言うのは煙草に含まれているニコチン成分が在るからなのです。 ニコチンやタールと言った成分は健康被害の原因となるものなのですが、ニコチン依存と言う言葉を聞いた事が在る人は多いかと思われますが、ニコチンは一つの麻薬のようなもので、体内からニコチンが減少することで欲求を高める事になります。 ニコチンが体内に取り込まれると、物質はニコチン受容体と結びついてドーパミンを分泌させるのが特徴で、ドーパミンが分泌されることで満足感やリラックス効果、そして煙草を美味しくさせる作用が起きます。 そのため、中々煙草を止めることが出来ないと言う事になるわけです。 煙草の値段も消費税が増税された際に値上げが行われており、ニコレットを利用して禁煙を実施する人も増えています。 煙草の値上げは消費税の増税に伴い、徐々に値上げが行われており、次の消費税増税では10%になることからも、現在よりも煙草の値上げが行われる事になります。 ニコレットにはニコチンの成分が含まれており、噛むことで体内にニコチンを取り入れ、煙草の欲求を減らす効果を期待できます。 尚、ニコレットを利用する時は噛み方に注意が必要で、最初にゆっくり噛んでから頬と歯茎の間に置いて味が無くなるまで1分ほどそのままにすると言った動作を繰り返し、30分から60分ほどかけて噛むことで煙草を吸いたいと言う欲求を減らす効果を持つと言います。

2019年08月27日
喫煙に伴うピロリ菌との関連とニコレットでの禁煙

ピロリ菌に感染している人は、慢性胃炎になりやすいです。 慢性胃炎の中には、萎縮性胃炎と呼ばれる胃炎があります。 萎縮性胃炎は、胃の内側にある粘膜の層が薄くなります。 萎縮性胃炎になると、胃がんのリスクが高まるので、注意が必要です。 ピロリ菌の除菌は、胃がん予防にも役立ちます。 ピロリ菌は、乳幼児の頃に感染することが多いと考えられています。 50歳以上でピロリ菌に感染している人は8割以上いると言われています。 慢性胃炎の患者は、ピロリ菌の除菌に保険が適応されます。 ピロリ菌の除菌は、薬剤を1週間服用して行います。 薬剤の服用期間は、アルコールやタバコは禁止です。 ピロリ菌に感染している人が喫煙している場合、胃がんのリスクが高まると考えられています。 ですから、ピロリ菌の除菌と同時に、禁煙する人も多いです。 しかし、喫煙者の中には、なかなか禁煙できない人もいます。 喫煙の習慣が長い人は、身体的依存と心理的依存から、禁煙することが難しくなっているのです。 禁煙すると、ニコチン離脱症状に悩まされる人も多いです。 タバコを吸うと、血液中のニコチンの濃度が上がり、ドーパミンが分泌されます。 ドーパミンが分泌されると満足感を得ることができますが、30分ほどでニコチンの濃度が下がるため、イライラするなどの禁断症状が起こってくるのです。 禁煙を成功させるために、ニコチン置換療法があります。 ニコチン置換療法で紹介されることが多いのが、ニコレットです。 ドラッグストアで禁煙したいと相談すると、ニコレットを紹介されるケースが少なくないです。 ニコレットは、日本での認知度が高いので、安心して紹介できるという人も多いです。 ニコレットを使うと無理なく禁煙できるので、人気も高いです。

2019年08月09日
値上がりするタバコをやめるにはニコレットがいい

タバコは嗜好品であり、タバコ専門の税金であるタバコ税が課せられています。 タバコ税の税率は約65%となっており、高い税率が掛けられており、税金を吸っているとも形容されます。 この税率は増税論議のたびに対象になり、上がることはあっても下がることがない状態にあり、今後も増税の可能性が高いものです。 理由としてはタバコは酒とは異なり身体に害しか与えず、将来的に肺がんになるリスクが高まるということがあり、またタバコの煙による周囲への受動喫煙が問題となっていることがあります。 このため増税によって値上がりするさいには禁煙を試みる人が多くいます。 特に近年は会社内で禁煙としているところもあり、喫煙する場合には喫煙ルームで行う必要があるなど風当たりの厳しいものとなっています。 禁煙を行う場合には己の意思で達成することも可能ですが、ヘビースモーカーであった人が急にやめると中毒症状が出る可能性があります。 このため禁煙外来などで禁煙を目指す人も多くいます。 禁煙外来ではカウンセリングのほかニコレットなどの禁煙ガムを利用する人もいます。 タバコの中毒症状はニコチンによるところが大きく、ニコレットは徐々にニコチンを減らすことでゆっくりとニコチン中毒を解消させるというものです。 ニコレットは禁煙外来で処方されますが、薬局や薬店、ドラッグストアでも購入することができます。 ニコレットは用法用量を守ることでニコチン中毒を解消することが可能で禁煙達成を手助けしてくれます。 一方でニコレットはガムであり、社内で使用してもわからないメリットがあります。 またタバコのように煙が出るわけがないので、社内で使用しても周りに迷惑を掛けることがありません。

2019年07月12日
禁煙成功で空気が美味しい

禁煙をすると得られる良い効果を体感すると、身の回りのちょっとした喜びに敏感になります。 これは、味覚や嗅覚が復活するからです。 それまではタバコの煙によって味覚や嗅覚細胞がやられて鈍っていますが、禁煙に成功するとそれらの細胞が回復します。 すると空気が美味しく感じられるようになります。 それまではタバコの煙が一番美味しいと感じていた人でも、空気のほうが美味しいという自然な気持ちを感じられるようになります。 空気ならばタバコと違って無料で吸えますし、森林の空気などは体にも良いので一石二鳥です。 禁煙を成功させるコツは、ちょっとした変化に喜ぶことです。 これはダイエットでも同じことが言えます。 ダイエットでは、体重の数値ばかりにとらわれていると毎日が辛くなってしまいます。 しかし、数字ばかり見ないで階段の昇り降りが楽になった、鏡を見たら顎がすっきりしていた、むくみにくくなった、汗をかかなくなった、などのちょっとした変化を喜ぶことができれば、体重にとらわれずにダイエットを楽しめるようになります。 禁煙治療もこれと同じことです。 数日タバコを吸わなかったら、空気がとても美味しく感じられた、喫煙所ばかり探していた目がもっと綺麗な景色に目を向けられるようになった、などちょっとしたことが嬉しく感じられれば、禁煙の効果は十分出ています。 あとは、その喜びを継続させるだけで良いのです。 禁煙治療というと、物々しい感じがしますが、タバコ以上の喜びを味わって生活する、と考えれば治療の辛さは減ります。 今はタバコのニコチンに心を奪われている人でも、体に良くてもっと楽しいこと、綺麗なもの、美味しいもの、などに目を向けることができるようになれば、禁煙は不可能ではありません。

2019年06月23日
禁煙治療によるストレスの訴えを抑える方法

効率的な禁煙治療をするためにはどのような手段をとれば良いのでしょうか。 一般的に、禁煙治療をすることによってタバコを断つ手段は一つではありませんが段階を踏まずに一気に禁煙治療をする手段はほとんどの場合で失敗するケースが目立っています。 なぜ失敗してしまうのかというと、タバコの禁断症状に勝てなくなってしまうことです。 タバコの正しい禁煙作業の方法を知らない人は、この禁断症状に負けてかなり高い確率で喫煙を再発させてしまいます。 禁断症状は一般的に禁煙を始めてから数日後にはほぼ必ず出るようになっているため、事前にその対策を行っていないと吸いたいという衝動に負けて喫煙を繰り返してしまうのです。 こうしたことにならないようにするためにも、禁断症状の訴えやストレスに負けない対策を考えなくてはいけません。 では、禁断症状の訴えやストレスに負けない具体的な対策とはどのようなものなのでしょうか。 実は、禁煙をしている日記を書くことなのです。 これはタバコに関連する症状の改善だけではなく、身体に悪い影響を与えるすべての病気に対して有効になる非常に便利な対策です。 自身の身体状況を日記に書くことは、自身の身体を客観的に見つめることができる手段として非常に重宝されています。 吸いたいという衝動が出たときもその感情を日記に書くことによって、そのストレスを大多数の人が抑えることができることがわかっています。 実際に、こうした治療方法はタバコだけではなくがん治療にも活かされています。 医学的にも効果のある方法だと実証されていますので、禁煙治療をするときもこうした方法で自身のタバコへの訴えを抑えることが大切になるのです。 そうすることで、効率的に喫煙状態から健康状態を回復させることが可能になります。

2019年06月10日