Month: August 2019
煙草に記載の健康への害の警告とニコレットの効果

煙草のパッケージには健康被害を受けることが記載されています。 この記載内容は煙草の銘柄により若干の違いが在ると言いますが、脳梗塞や肺がんと言った言葉が記載されているのが特徴です。 しかし、喫煙をする人はこのような記載が在っても煙草を止める事が出来ない人もいます。 煙草を止めることが出来ない理由と言うのは煙草に含まれているニコチン成分が在るからなのです。 ニコチンやタールと言った成分は健康被害の原因となるものなのですが、ニコチン依存と言う言葉を聞いた事が在る人は多いかと思われますが、ニコチンは一つの麻薬のようなもので、体内からニコチンが減少することで欲求を高める事になります。 ニコチンが体内に取り込まれると、物質はニコチン受容体と結びついてドーパミンを分泌させるのが特徴で、ドーパミンが分泌されることで満足感やリラックス効果、そして煙草を美味しくさせる作用が起きます。 そのため、中々煙草を止めることが出来ないと言う事になるわけです。 煙草の値段も消費税が増税された際に値上げが行われており、ニコレットを利用して禁煙を実施する人も増えています。 煙草の値上げは消費税の増税に伴い、徐々に値上げが行われており、次の消費税増税では10%になることからも、現在よりも煙草の値上げが行われる事になります。 ニコレットにはニコチンの成分が含まれており、噛むことで体内にニコチンを取り入れ、煙草の欲求を減らす効果を期待できます。 尚、ニコレットを利用する時は噛み方に注意が必要で、最初にゆっくり噛んでから頬と歯茎の間に置いて味が無くなるまで1分ほどそのままにすると言った動作を繰り返し、30分から60分ほどかけて噛むことで煙草を吸いたいと言う欲求を減らす効果を持つと言います。

2019年08月27日
喫煙に伴うピロリ菌との関連とニコレットでの禁煙

ピロリ菌に感染している人は、慢性胃炎になりやすいです。 慢性胃炎の中には、萎縮性胃炎と呼ばれる胃炎があります。 萎縮性胃炎は、胃の内側にある粘膜の層が薄くなります。 萎縮性胃炎になると、胃がんのリスクが高まるので、注意が必要です。 ピロリ菌の除菌は、胃がん予防にも役立ちます。 ピロリ菌は、乳幼児の頃に感染することが多いと考えられています。 50歳以上でピロリ菌に感染している人は8割以上いると言われています。 慢性胃炎の患者は、ピロリ菌の除菌に保険が適応されます。 ピロリ菌の除菌は、薬剤を1週間服用して行います。 薬剤の服用期間は、アルコールやタバコは禁止です。 ピロリ菌に感染している人が喫煙している場合、胃がんのリスクが高まると考えられています。 ですから、ピロリ菌の除菌と同時に、禁煙する人も多いです。 しかし、喫煙者の中には、なかなか禁煙できない人もいます。 喫煙の習慣が長い人は、身体的依存と心理的依存から、禁煙することが難しくなっているのです。 禁煙すると、ニコチン離脱症状に悩まされる人も多いです。 タバコを吸うと、血液中のニコチンの濃度が上がり、ドーパミンが分泌されます。 ドーパミンが分泌されると満足感を得ることができますが、30分ほどでニコチンの濃度が下がるため、イライラするなどの禁断症状が起こってくるのです。 禁煙を成功させるために、ニコチン置換療法があります。 ニコチン置換療法で紹介されることが多いのが、ニコレットです。 ドラッグストアで禁煙したいと相談すると、ニコレットを紹介されるケースが少なくないです。 ニコレットは、日本での認知度が高いので、安心して紹介できるという人も多いです。 ニコレットを使うと無理なく禁煙できるので、人気も高いです。

2019年08月09日