Month: December 2019
禁煙開始後の喫煙欲求ピークにはニコレットでカバーする

禁煙を開始すると徐々にニコチンが体内から薄れて行くことになり、禁煙開始をしてから3日目がピークを迎えると言われています。 ニコチンが体内から消えて行くことで喫煙に対する欲求が高くなり、この煙草を吸いたいと言う欲求に負けてしまって煙草を吸ってしまえば禁煙に失敗する事になります。 尚、ニコチンが身体から消えて行く事で煙草に対する欲求が徐々に高くなり、3日目を迎える事でニコチン量がゼロに近づく事でピークを迎えます。 このピークの時に煙草を我慢できるかどうかが禁煙を成功させるコツとも言えるのですが、ニコレットはニコチンを含んだガム式の禁煙補助剤であり、ニコレットを利用する事でニコチンが体内に入り、ドーパミンを分泌させる作用が在る為、喫煙を我慢出来ると言うニコチン置換療法として利用する事が出来ます。 因みに、喫煙をすることで記憶力が低下すると言いますが、記憶力と言うのは加齢とともに低下すると言われているのですが、喫煙により記憶力が低下するなど、煙草は肺ガンや脳梗塞と言った健康被害だけではなく、記憶力にも影響を及ぼすとも言われています。 尚、ニコレットは現在どれだけの煙草を1日に吸うのかにより1日の使用量が在ると言いますが、煙草を吸いたくなった時に1個を取り出してゆっくりと噛む事でニコチン置換療法としての効果をもたらせてくれるのが特徴です。 また、ニコレットの使用開始の時点では、1日の使用量の中で利用をしていくことになりますが、徐々にニコチン置換療法の効果が期待出来るため、1日の使用量は徐々に減る事になり、1日の使用量が2~3個になった段階でニコレットの使用を中止する事で自然と禁煙を達成する事が出来ると言われています。

2019年12月23日